2020年07月03日その他
shokuiku_colum_header.jpg
スポーツ栄養士の私が、大戸屋さんを頼りにする理由

公認スポーツ栄養士としてアスリートのサポートで全国を飛び回りながら、家庭ではアメリカンフットボール部で活躍する長男と受験生の次男を食から応援し支えている私の日常に、大戸屋さんはなくてはならない存在です。
どうしても食事が用意できない日には、迷うことなく大戸屋さんに車を走らせます。
たとえほぼ毎日であっても、大戸屋さんだから安心して通える理由があるんです。

IMG_4802.JPG いつも行くショッピングモールの大戸屋さん。
店員さんがとっても細やかな接客をしてくれます。

飽きないメニューの数々

大戸屋さんは、お肉だけでなく、魚料理も充実しているから、毎日利用しても飽きない!コレすごく大事です。
しかも、食材も安心・安全!「家庭食の代行業」とうたっているだけあり、各店舗で野菜から下拵えなどを行うこだわりの店内調理。
セントラルキッチンで作ったものを温めて提供するのではなく、真心こめて作られる定食には、新鮮な栄養がギュッとつまっています。
また、炭火で焼く焼き魚など、家庭ではなかなかできない美味しさを引き出す調理法も大戸屋さんならでは。息子たちも大満足です。

アスリートに必要な「食」をしっかり支えてくれるサービス

大学のアメフト部で活躍する長男にとってスタミナの切れないカラダづくりは、大切なミッションの1つ。
理想的なアスリートのカラダを作る為にも「食事」は非常に重要です。その為にもバランスよくしっかりと量を食べることが出来るかどうか?ということを、スポーツ栄養の視点からついつい考えてしまいます。
その点、大戸屋さんは最初の1杯目のご飯を無料で大盛り(300g)にできるサービスがあり、大変ありがたいのです。

例えば、大学アメフト部の平均的なエネルギー消費量を考えると一食のご飯量は600gが理想的。大盛りごはん2杯分でクリアできます。
そして大戸屋さんのおかずはボリュームがあるので、栄養バランスを考えても、おかずを増やす必要が実はありません。つまり、ご飯だけ大盛り2杯にすればバランスよくなり、案外安くすみます!
さらにごはんを雑穀米にすると外食では取りにくいビタミン、ミネラル、食物繊維が取れ、代謝効率がアップするので体脂肪がつきにくくなり、アスリートにはもってこいの食事内容になります。
ごはんをバージョンアップしたり、お味噌汁を変えたりと、摂りにくい栄養素をしっかり補える工夫が出来るのも大戸屋さんの魅力の1つです。

そして、受験生の次男には、受験を乗り切るパワーと免疫力をつけさせたい!もちろん、それも大戸屋さんで叶います。
最初に少し触れましたが、大戸屋さんでは毎朝、店舗に新鮮な野菜が届き、店内で野菜を仕込むところから始まります。食材の栄養素を出来る限り損なわないような工夫が随所にされているので、安心して食べさせることができるんです。

大戸屋さんのメニューにひと工夫するだけで、アスリート向けに!

私が日ごろ推奨しているアスリート飯は、ごはんとお味噌汁をしっかり食べる事をベースに一人一人の目的に合わせた提案をしています。
そこで今回は、スポーツ部で頑張るお子さんがいらっしゃるご家庭に、是非お勧めしたい我が家の定番メニューとそれをアスリート向けにアレンジするちょっとしたコツをお教えします。

我が家の大戸屋さんの定番は、『鶏と野菜の黒酢あん定食』
ゴロゴロとした食べ応えのある野菜と鶏肉を黒酢あんで仕上げた1品は、筋肉を作るたんぱく質がしっかり取れるだけでなく、黒酢のクエン酸が疲労回復に一役買ってくれます。

IMG_4819.JPG さらに我が家では、ごはんを雑穀ごはんに、お味噌汁をたっぷり野菜の麦みそ汁にチェンジしてビタミン・ミネラル・食物繊維をよりしっかり摂る工夫をします!
このチェンジで、アスリートに必要な野菜量が補えますので、是非試していただきたいです。

IMG_4823.JPG IMG_4828.JPG きみたま(上)・ひとくちカレー(下)。これは食欲がない時にちょっと味変できるサイドメニュー!6月から登場でお気に入りです。

近くに大戸屋さんがない方は、『大戸屋特性黒酢あんの素』『ごまめしお』もおススメです。
実は2品とも我が家の常備品。
『黒酢あんの素』は、野菜とお肉をこれで炒めるだけで簡単にプロの味が作れます!
『ごまめしお』は必ず息子たちのお弁当に使います。添加物がなく安心のふりかけです。
IMG_4807.JPG 実に頼りになる大戸屋さん。
ご自宅の近所に大戸屋さんがあるのなら、是非利用してみてください。アスリートの身体をつくる最強のパートナーになってくれますよ。




mabuchi.jpg
馬淵 恵(管理栄養士&スポーツ栄養士)
一般社団法人食アスリート協会理事・主任講師
FREC株式会社 代表取締役社長
日本スポーツ協会公認スポーツ栄養士
株式会社フィジカルレストラン 取締役
健康食育シニアマスター・大戸屋食育セミナー講師

共立女子大学食物学科管理栄養士専攻を卒業後、大手食品メーカーで営業を担当。
結婚出産後、フリーの管理栄養士として独立。大手エステ、行政、病院等で延べ5万人を超える方へ食のアドバイスをする。現在はスポーツ食育を中心にプロ野球選手、各種実業団チーム、大学生・高校生アスリートなどへの栄養サポートを全国で展開中。著書に「かんたんやさしい食べるを変える 米トレ」(報知新聞社出版)。

(一社)食アスリート協会 
FREC株式会社