2020年09月15日その他
shokuiku_colum_header.jpg
夏の疲れを吹き飛ばす!「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」
毎日日差しも強く、暑い日が続きますね。
そろそろ夏の疲れが体やお肌に出てくるころではないでしょうか。夏は室内と外気との温度差から内臓器官が弱りやすく食欲が落ちやすい時期です。
食欲が落ちると、のど越しが良く、ひんやりと冷たい食べ物を選びがちですが、胃腸は冷やされることで働きが悪くなります。
食べ物を胃で消化、腸で吸収するため、働きが鈍れば消化不良などにつながり、さらに食欲も落ちる可能性があります。
食事が食べられなくなれば、栄養素が不足し体が疲れやすく、夏バテにつながりやすくなりますし、肌の機能も低下しやすくなります。

残暑を乗り切るためのポイントは、食欲が落ちたときでも、味や食材を工夫して炭水化物をはじめ、必要な栄養素をしっかりとることです。
そして夏の疲れを感じたら酢を使った「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」がおすすめです。
知ったらきっと食べたくなる「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」秘密を公開します。

kaneko3_1.jpg
酢は疲労回復をサポート!
疲れた時こそ、「パワーのつくものを食べなくては!」と思いがちですが、内臓が疲れていると食欲がわかず食べられないことも多いですよね。
そこで酢を使ったメニューが役立ちます。
酸っぱい酸味を香ると、口の中に唾液が出始めお腹が「グー」と鳴り、お腹がすいてきます。
それもそのはず、酢の酸味が唾液や胃液の分泌を促し食欲増進につながるのです。
そして酢にはアミノ酸やクエン酸をはじめとした有機酸が豊富に含まれているため疲労回復のサポートにも役立つのです。

kaneko3_2.jpg
ワンランク上の黒酢が疲れた体にもってこいのワケ
「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」には普通の穀物酢や米酢ではなく、玄米を長期熟成した黒酢が使われています。
壺の中でじっくり熟成させる黒酢はアミノ酸やミネラルを豊富に含み健康食品としても親しまれているほどです。
穀物酢や米酢と比較してもうま味成分が高く、まろやかなコクのある味わいが特徴的です。
しかし大戸屋さんの黒酢ソースはそれだけではありません。黒酢にあえてクセのあるじっくりと長期熟成された香醋(こうず)を贅沢にブレンドし、リンゴ酢も加えてさらに深みとコクのあるソースに仕上げています。

kaneko_3.jpg
疲れた胃腸にばっちりな食材
すけそう鱈は脂質が低く、消化も良いため疲れた胃腸に負担がかからず食べることができます。
良質なたんぱく質や代謝を促すビタミンB1、B2が含まれ、ごはんなどの炭水化物の代謝をスムーズしてくれます。
「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」のれんこんにはムチンという成分が含まれており、胃の粘膜強化にも役立ちますから弱った胃にも良いですね。

「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」は紫外線対策にもおすすめ
肌がジリジリと照り付ける太陽の日差しを受けると、紫外線の影響によりメラノサイドが活発化してメラニンを生成させお肌を守りますが、シミやそばかすなどの原因にもなります。
そんなときにはメラニンの生成を抑制する働きがあるビタミンCを含む食べ物がおすすめです。
「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」に含まれている、じゃがいもやれんこんにはビタミンCが豊富。
ビタミンCは熱に弱いのですが、でんぷんが多いじゃがいもやれんこんは、ビタミンCがでんぷんに守られていて、加熱しても損失が少ないのが特徴です。
また人参には抗酸化作用をもつβ-カロテンが豊富で、紫外線で発生した活性酸素を除去しお肌を老化から守ります。
β-カロテンは油と一緒に摂ることで吸収を高めます。
すけそう鱈は油で揚げていますからβ-カロテンの吸収もバッチリです。

kaneko3_4.jpg 夏の内臓やお肌の疲れにおすすめな「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」。試したくなりますね。
ちょっと疲れているときや日差しの強い時間帯に外出をしたくないときは、デリバリーもとても便利です。
またインターネットから受け取り店舗と時間を指定して注文もできますから、お出かけやお仕事の帰りに立ち寄り受け取るということもできます。

全国に沢山の店舗を持つ大戸屋さんは、家庭の台所を同じように各店舗で野菜を切る、鱈の下処理などすべて、一つ一つ丁寧に作り上げ、お客様の美味しいをベストに作っているところが皆様に愛されている秘密です。
夏の疲れを感じたらぜひ大戸屋さんの「すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当」をご活用くださいね。
 
kaneko3_5.jpg



kanekoakiko.jpg

金子あきこ(管理栄養士/節約美容料理研究家)
アリコフード代表
管理栄養士・健康食育シニアマスター・大戸屋食育セミナー講師
キレイやせるために食事制限ダイエットを行い、リバウンドとダイエットを10年以上繰り返す。食生活を見直すことで、キレイにやせ、年齢よりも若く見られるようなる。健康的な美の作り方のお伝えしている。
レシピ開発、コラム執筆、セミナー講師、給食コンサルティング、メディア出演など。
著書『おなかぺったんこ腸筋レシピ』(リピックブック)など
金子あきこ公式HP